みしまプラザホテルの沿革

明治22年
1889年
創業者 室伏清五郎
東海道三島宿の老舗旅館「さがみや」を引き継ぎ、「東海客舎菱屋旅館」として創業する。
大正時代
1910年代
二代目社長 室伏藤平和
創業者 室伏清五郎は函南町「平井の西瓜」の品種改良に晩年身を捧げるために引退。
伊豆への玄関口の「商人旅館」として営業する。
昭和10年代
1930年代
三島の「迎賓館としての旅館」を目指し、大改装に着手する。
三島連隊視察のための皇室のかたがたのご指定旅館となる。
昭和20年代
1940年代
三代目社長 室伏勝弥
戦後復興のための宿舎としてお役立ち。
昭和30年代
1950年代
時代の流れにあわせ「割烹・料亭旅館 菱屋」へ業態を変えていく。
昭和42年
1967年
四代目社長 室伏勝宏就任(現社長)
昭和49年
1974年
菱屋旅館から、新生「みしまプラザホテル」としてオープン。
昭和60年
1985年
ギャラリープラザをオープン。
サロンコンサートを始め地域文化の発信基地となる。
平成3年
1991年
ホテル内各施設に個性的なテーマを与える改装を始める。
平成18年
2006年
ウェディングブランド『ザ・モーリス』がスタート。
"デザイナーズ・ウェディング"をコンセプトに、伝統に培われたホスピタリティーと
最先端のデザイントレンドを融合。
リニューアル5カ年プロジェクトスタート。
平成25年
2013年
明神様と「ありがとう」の気持ちを融合させたカフェ&スイーツブランド『メイシー』がスタート。
"遊びゴコロのお手伝い"をコンセプトに、三嶋大社前・大社の杜みしま内に1号店をオープン。
平成26年
2014年
ホテル本館東隣にデザイナーズチャペル「ソルミエ」オープン。

ホテル外周から各会場に至るまで、流行に流されることなく、流行をキャッチし、
時代を超えた価値ある、国境を越えて理解できるテーマを持つ
『デザイナーズホテル』を目指し、私達の成長と共に進化発展させていきます。

縁結び稲荷

縁結び稲荷写真

ホテルの南口に縁結びのお稲荷さんがあります。明治二十二年、東海道三島宿の老舗旅館「さがみや」を引き継ぎ「菱屋旅館」を始める以前からこのお稲荷さんはありました。
  旅人の安全やお集まりの方々のご縁を120年以上見守ってくれています。また昭和49年みしまプラザホテルに全面改装。以来「結婚されるお二人の守り神」として一万組を上回るカップルの門出を祝ってくれています。